ビジネス写真のプロフェッショナルとして

プロフィール写真撮影

「光、構図、タイミング、撮影設定」
​今考えうるベストな状態で撮影すること

今この場において、ベストな光、ベストな構図、ベストなタイミング、ベストな設定で撮影することを心がけています。
​現場の状況は案件によって毎回異なります。現場の光は場所や時間で大きく異なり、対象となる人物が異なれば最適なライティングも異なります。

​こうした撮影の要素をその場で瞬時に判断し、準備をすることがプロとしての仕事と考えています。

現場での急なリクエスト、
​判断に対応すること

事前情報では30分のインタビュー撮影だと言われていたことが、当日現場へ行くと実際の撮影時間は5分しかないということがあります。
現場について事前情報と異なる状況、リクエストを頂くことは少なくありません。

こうしたイレギュラーに対応するため、余分の機材を持っていくこと、時間に余裕をもって現場入りすること。そしてなにより「大丈夫です」と言える経験と技術を持っておくことが大切だと考えています。

被写体、クライアントに寄り添うこと

ビジネス写真において一番優先すべきは「被写体」であると考えています。
被写体の方がいかにストレスなく撮影できるか、楽しんでもらえるか、そうしたことを考えながら撮影しています。
また、クライアントの手助けとなるなら口や手を出すことも厭いませんし、写真の方向性も大きく変えていきます。
自分の写真に頑固になるのではなく、常に被写体とクライアントのことを考えながら撮影に向き合っています。

20180519_Workshop_add-09.jpg

カメラマンプロフィール

馬場 圭佑

​生まれも育ちも神奈川県横浜市。

結婚を機に会社を寿退社し名古屋へ移住。

現在は2人の娘を溺愛する父親に。

2014年より名古屋でフリーランスカメラマンとして活動開始。

写真は人物撮影を得意とし、スタジオワークにロケーション撮影もこなす。

2018年、改めて撮影技術を強化するため、数々の芸能人のポートレートを撮影しているカメラマン宅間國博氏の開催する「宅間國博実践ポートレート写真塾」に参加・卒業し、宅間師匠よりポートレート撮影のお墨付きを頂く。

​インタビュー撮影事例(記事リンク)

NewsPicks +d様
「覚王山フルーツ大福弁財天」

大野社長インタビュー撮影Vol.1~4

NewsPicks +d様
「浅野撚糸株式会社」

浅野社長インタビュー撮影Vol.1~3

月刊事業構想 様
大村 秀章愛知県知事インタビューカット

月刊事業構想様

古田 肇岐阜県知事インタビューカット

​ビジネス撮影事例

お問合せ

下記のメールかお問合せフォームから、まずはお気軽にご相談ください!

メッセージを送信しました